詳細を見る

SOLVEオーダーシャツ
パーツ別ランキング

集計期間:2021/7 〜 2021/9

もっとも印象を左右する大切な襟元は、所属する会社や取引先のドレスコード、ネクタイありなしでマナーとベストな襟は変わってきます。ややカジュアルなデザインながら、ネクタイがあってもなくても綺麗に見えるボタンダウンはSOLVEで人気No.1です。最近では、コンパクトなショート系の襟の人気が高まってきているようです。

カフス

カフスは、マナーを気にすることなく見た目の好みで選んで良いとされるパーツですが、一般的に多く見かける最もベーシックなラウンドカフスが、SOLVEでも人気No.1です。長らく量販店のシャツによく見られるコンバーチブル形式を採用していましたが、細部までこだわれるシングルホール&ボタンにも対応しました。

ポケット

最もフォーマルなのはポケット「なし」であり、オーダーシャツの証。とよく言われますが、ものを入れたり利便性を考えてポケットをつけられる方も多くいらっしゃいます。形は、カフスをラウンドにしたらポケットもラウンドという様に、カフスの形に合わせる方が多いようです。

後身頃

特にマナーを気にすることなく、デザイン性、機能性を考えて、好みで選ぶオプションです。超ノンアイロン生地では生地の性質上パッカリングを避けるため、ダーツ・タックなしをお勧めしています。SOLVEでは、ご自身の体のサイズに合わせてオーダーできるため、ダーツ・タックのありなしでサイズ感が大きく変わることはございません。シンプルで、アイロンがけが簡単な「なし」を選ぶ人が多いようです。

ボタン

ビジネスシャツでは「白」がマナーとされていますが、最近は街中でもいろいろな色のボタンが見られるようになりました。「白蝶貝」など貝ボタンはSOLVE BLACK生地限定で選べるオプションで、高級感があるため選ぶお客様が多いようです。白やサックスなど、薄い色が人気ですが好きな色のボタンを選べるのもオーダーシャツの魅力で、カジュアルの場合は生地にマッチした色のボタンを選ぶ方も多いようです。

刺繍

字 体

  • 1
    なし
    55.3
  • 2
    CHANCERY
    21.5
  • 3
    ROYAL
    14.1
  • 4
    BLOCK
    6.3
  • 5
    JUSTICE
    2.8

オーダーシャツの証である刺繍は、筆記体で小さく入れるケースが多いようですが、SOLVEでは「なし」を選ばれる方も多いようです。

刺繍色

  • 1
    なし
    55.3
  • 2
    ネイビー
    9.0
  • 3
    シルバー
    9.0
  • 4
    チャコールグレイ
    5.0
  • 5
    ホワイト
    5.0
  • 6
    ブルー
    3.8
  • 7
    サックスブルー
    3.6
  • 8
    レッド
    3.1
  • 9
    ピンク
    2.3
  • 10
    ブラック
    2.3
  • 11
    グリーン
    1.5

シャツの生地と同系色の糸を選ぶと、さりげなく刺繍を入れることができます。

刺繍箇所

  • 1
    なし
    55.3
  • 2
    左肩
    22.2
  • 3
    左カフス横
    11.1
  • 4
    左下身頃
    3.2
  • 5
    左カフス縦
    2.8
  • 6
    右カフス横
    2.5
  • 7
    右肩
    1.9
  • 8
    右カフス縦
    0.5
  • 9
    右下身頃
    0.4

刺繍は、目立たない色の糸で「左脇」にイニシャルを入れるのが伝統的なマナーとされています。一方、日本では昔から左腕に刺繍の入ったシャツを多く見かけますが、SOLVEでも「左腕」がもっとも多いようです。

オーダーも簡単
オンラインで
3ステップで完結

  1. デザインを選ぶ
  2. サイズを入力する
  3. 決済する

お仕立て直しも無料

ユーザー登録して購入いただければ、お届け後30日以内は
無料で仕立て直しをいたします。初めての方も安心です。
刺繍やクレリックを選んでも追加料金はいただきません